光触媒研究推進拠点

概要

Overview

概要

設立の経緯

 本拠点は光触媒研究の加速的な推進と光触媒技術の発展・普及を目指す研究ネットワークの中核として、文部科学省より「共同利用・共同研究拠点」に認定され、平成27年4月に設立いたしました。

設立の経緯

拠点の目的

 東京理科大学は、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」を建学の精神に掲げ、「世界から一目置かれる大学」を目指しています。その社会実装を通じて、省エネルギー・環境配慮型社会の実現が大いに期待されるため、大学を挙げて光触媒の研究支援を行っております。本拠点が誇る世界唯一の装置群を広く開放し、内外の優れた研究者との共同研究を推進することで、光触媒研究の中核機関となることを目指します。
 また、光触媒はホンダ・フジシマ効果に端を発する日本発の科学技術であり、今日まで日本が牽引してきました。光触媒技術の積極的かつ必然的な導入を目指した共同研究を推進することで、日本発の技術の宣伝と、これを契機としたより一層の光触媒技術の発展を先導する活動を実施いたします。

拠点の特色

 本拠点にはJIS・ISO基準に準拠した光触媒活性評価機器を整備しており、光触媒性能を統一した条件で正確に評価することが可能です。性能評価を正しく行うことで、研究水準の向上が期待できます。
また、材料作製装置や大型分析装置も備えており、拠点内で効率よく新規材料開発を行うことができます。生体材料解析装置も取り揃えており、生命科学に基づいた研究にも対応しております。
 専任スタッフによる技術・事務支援を通じて、利用者には研究開発業務に専念できる環境を提供いたします。また、産学連携活動の推進や研究費補助なども行っております。

 

ページのトップへ戻る