光触媒研究推進拠点

共同研究について

About joint research

共同研究について

「光触媒研究推進拠点」は、平成27年度に文部科学省より共同利用・共同研究拠点として認定され、学内外の研究者と協力し実施する共同研究を行っています。

本拠点では、東京理科大学における光触媒に関する研究・教育を推進するとともに、全国の大学等との共同研究及び共同利用に供し、その成果を公開することにより、我が国の光触媒分野の研究・教育、次世代を担う学生・研究者の科学教育・研究の推進に寄与することを目的としています。国内の知を集約させる役割を本拠点で担うことで、効率的かつ効果的な成果が期待されると同時に、多分野横断型の光触媒科学の“基礎”と製品の標準化などによる“応用”を中心とした研究が実施され、光触媒科学の発展に大きく寄与することが期待されます。

本拠点では主に、本拠点が保有する光触媒性能評価装置等とこれまで培ってきた学術的知的資産及び光触媒利用の技術的ノウハウを学外に提供することにより、大学,公的研究機関,産業界等との共同利用・共同研究を促進し、1.新規光触媒の開発、2. 化学,物理学,分子科学分野、3.材料科学・環境科学分野、4.生物・医学分野における基礎及び応用研究の推進を目的とした研究を国内外から広く公募します。

 

ページのトップへ戻る